まず単身の引越しをする際にするべきことを簡単にいろいろご紹介

会社の異動や新しい家に移る時、引越しをします。昔は家族総出でトラックを持ち出して行うイメージでした。単身の場合、友人が手伝って荷物の移動を手伝ったりすることもありますが、今は多くの引越し業者が全国にあり、昔よりは気楽かつ安価で業者を使えるようになってきました。自分で行わないならば、業者の選定をしなければなりません。それ以外に荷物の梱包・不必要なものは廃棄することや、行政上他諸々色々と手続きや段取りをしなければならないこと意外とたくさんあります。家族が居れば家族にしてもらえばいいのですが、単身者の場合は基本的に全て自分でこなさなければなりません。業者を選ぶ方法はどのようにしたらいいのか、どういった手続きや段取りが必要なのかについて詳しく網羅して、簡単にご紹介をさせていただきます。

業者は見積もりを取って検討することが重要

引越し業者の中には、単身パックがお得だと宣伝している所もあります。荷物が少ない場合はコンパクトにまとめて移動をすることによって、費用をお得にすることができます。しかし、コンテナに収まる量は意外と少ないため注意が必要になります。家財道具が多く、コンテナに荷物が入りきらない場合は料金が二倍かかってしまいます。まずは、自分の荷物の量を確認してから依頼をすることが大切です。荷物の量を考えて、通常の引越しプランを選択する方がお得に利用できる場合があります。まずは、すぐにプランを決めずに業者へ見積もりの依頼をしてみましょう。賢くお得に移動できる方法を事前にチェックしておきましょう。当日になってから慌てることがないようにするためにも、落ち着いて行動できるようにします。

光熱費、役所の手続きは忘れずに行う

荷物をまとめることと、現自室の清掃や新居の準備に追われて忘れがちなのが、自分が契約していた光熱費の手続きです。引っ越す前にきちんと各々の電力会社・水道会社・ガス会社に転居の手続きを行いましょう。固定電話やネット回線を利用している人は、そちらの手続きは光熱費関係より早くすることをおすすめします。解約に立ち合いが必要な場合があるので、忘れずに段取りをしましょう。役所に転出届を出すことも必須です。同一自治体であれば複雑ではないのですが、他府県の場合転居届の他に転居異動届を提出しないと、新しい転居先で転入の手続きができません。そのため引越し先がどこであるか、どのような書類が必要かを事前にきちんと新旧役所に確認をして、漏れがないように気をつけることが大切です。